毎日至近距離になるととても嫌だった過去

朝起きて、
学校に行く前にお風呂でムダ毛処理をして、
学校から帰って友達と遊ぶ前にお風呂でムダ毛処理をして、
夜寝る前に、
朝処理できなかったことを考えて入念にムダ毛の処理をする毎日。
・・・それが私の日課でした。

学校などで普段生活しているとどうしても友人が私の肌を至近距離で見る機会は必ずあります。
転がってきたボールを拾うため、目線が私の素肌にいくたびに、
毎回いやだなと感じて、そっと離れたり、肌を隠したりするのは私の無意識の行動でした。

毎日毎日来る日も来る日もムダ毛の処理をしていて、いつか必ず全身脱毛をすると心に決めました。

全身脱毛をしないと、結婚もできないし
出産の際にダンナンさんに立ち会ってもらいたくても絶対に無理だと思っていました。
それくらい毛に対してコンプレックスを抱いていました。

また、毎日剃り続けた結果毛穴は開き、毛質がしっかりしてきたせいか、
剃っても剃っても肌がきれいに見えることはありませんでした。
それから十数年。今では全身脱毛をして出産も経験し、自己処理のない快適な毎日を過ごすことができています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ