特別毛深い事を知った日

ムダ毛について自分が特に毛深いと悩みだしたのは大学生になった頃でした。
彼氏ができたり、デートでプールに行ったりと薄着になる機会が増えた事で自分の肌を人目にさらすようになり、
足や腕、脇、Vゾーンなど体全体にある毛の処理を必要不可欠になった時に、
処理しても処理しても生えてくる毛に嫌気がさしてきました。

自分が特別毛深いと知るまで、それが普通だと思っていたのですが、
ある日、当時付き合っていた彼氏に、剛毛だねーと言われたのです。

その一言をきっかけに自分は特別毛深いと悩むようになり、
また、肌を晒して薄着で出かける事が恥ずかしくもなりました。

自分で出来る事はカミソリで剃ったり、
毛抜きで抜いたり時間のかかるものでそのうちとても苦痛になりました。

プロにおまかせしてみたいなと思った事もありますが、
お金の問題や、なにか売りつけられたらという先入観から今の所まだ自分で処理しています。

毛深い女性が好きだという男性が私の前にいつか現れたら最高なのになと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ